FC2ブログ
小さくても同じ
昨日のこと、
ちび姫と遊んでいる中、
突然、『あっ、そうだ』と言って何かを取りに行った





すると、
再び、何も持たずに戻ってきて、、、
『何だったっけ
もういっかい
あっ






プッ
思い出したらしい







そっか、
ちび姫でも元の場所、元の位置に戻って思い出すんだ
何だか笑えた







小さいちび姫でもあるのか、
なんて思いながら、
まぁ、私にしたら、珍しくもない行動かなとも思ったり…
みんな、そんな時はやることは同じかと思っちゃった
スポンサーサイト
[2018/11/19 10:04 ] | ちび姫のこと☆ | コメント(0) | トラックバック(0)
代休。
今日は、
学校祭があったための代休
もちろん、
妹のちび姫はいつも通りの月曜日であり、登校した





そのため、
ただいまの時間、姫と2人
久々だなぁ、このペア





ちび姫の運動会があった先月には、
同じく代休にて、ちび姫と2人はあっただけに、
交代交代





だが、
姫の場合は、どちらかというと学校に行きたい
というより、いつも通りが好きだから、いつもなら日曜夜に貼るスケジュール表、、、





今朝、
私が寝ているうちに貼り、
姫の今日の欄は自宅写真にして、ちび姫はいつも通り





どうするかなと思っていたら…






起床後、
すぐに見て、剥がしにかかった
ヤバイ






と、思ったら、、、
剥がしただけだった
学校でも言われていたのか、頭に入っていたのか、
自宅写真剥がしただけで、リュックを準備することなどせず、
何も言わずに朝を過ごした






なぁんだ、
分かっているじゃない
だったら、
昨夜にスケジュール表を貼っても良かったかしら






このような私の勝手な気苦労というか、気遣いが空回りすることが多くなった
意を返すなら、
姫が分かってきたことが多くなったということ





何となく…とか、
無関心、無反応…とか、
そうではなくて、姫はこだわりがあるゆえに、納得の有無で右往左往するから、
今日の代休は、分かっていますがな






私の勝手な気苦労、気遣いだったなが増えればいい
念のためにとやったことが、
やっぱり、やらなくても良かったかと思うことが増えればいい






姫の中で、
今、何がどうなのかって1つずつ分かって、分かった中で動いて、
楽しく毎日を過ごしてくれること、
それが一番
[2018/11/19 09:58 ] | 姫のこと☆ | コメント(0) | トラックバック(0)
主役の裏に
姫の学校祭に、
主役の姫の演技に魅了されて、家族みんなが感動した中、
その感動とは別に胸をいっぱいにさせた方が1人、、、






ちび姫





はい、
嬉しい、嬉しすぎる再会です






姫の演目が始まる前にて、
ちび姫はすでに気づいてしまった
姫の元担任の先生である、ちび姫が大好きな大好きな先生が来ていることを






私はステージ前、
お父さんもステージに近い方にいたため、後方の椅子に座っていたちび姫は、
同じく後方に座られた先生にいち早くきづきまして、
ときめきスイッチオン状態でした





後から聞いた話によると、
ばあちゃんはちび姫の横にいて、先生に気づいた途端、、、
『何という顔っていうかな恋するような、何とも言えない幸せそうな顔して、たまらない顔していたよ





ふふっ
そうだった、そうだった






初めて学校に来て、
先生と出会って、
まだまだやや引っ込み思案かつ恥ずかしがり屋のちび姫が、
イベント時に帰るって時に、『もう一度、先生に会いたい、会ってから帰る』なんて言い、
職員室前に行き、先生に挨拶してハグして帰ったっけ






何がそこまでさせたか、
もちろん、ものすご~く私も大好きな先生だが、ちび姫の気持ちはより熱い
それから、学校に足を運ぶたびに、先生にはきちんと挨拶やハグをかかさずして、、、





積極的な姿を見せ続けたちび姫






去年、
姫の担任の先生が変わったが、
それでも、学校に来ればあえるし、見えるからって安心していて、
実際に、会っては先生からもちび姫に気づいてもらい、声をかけてくださって、、、






だが、
だが、
今年度、異動されてしまった






そう、
もう、学校に来ても、探しても見つからない状況に、
誰よりもショックを受けていたちび姫だった





違う学校で、先生は頑張っている
なんて言いながら、
それでも、春の運動会にはやや期待していたっけ






それが、
昨日の学校祭には、先生が来てくださって、
ちび姫、顔が変わる変わる変わる





私たちも嬉しかったが、
ちび姫の嬉しさは、もうそれ以上すぎたわね






姫の劇が終わり、
挨拶に伺うと…
私たちと会話が終われば、先生からちび姫をハグしてくださり、
抱きかかえてくだされば、ちび姫、幸せそうに目をつむりながら、
先生に身を託していた





本当に…好きなんだね






そこまで思われる先生の偉大さと、親の目から見たちび姫のうっとりした幸せそうな顔、
たまらないわ






もう、
満足すぎるくらいのちび姫は、
帰り道にはハイテンション化して、『もう、むねがいっぱい』なんて言いながら、
行きより足取り軽く、ニッコニコ






会えると思っていなかった突然の再会
嬉しいね、嬉しいね、嬉しすぎたね






人を惹きつける魅力を存分に見せていただいた先生、
私にとっては、あこがれ
ちび姫が恋に恋した先生は、本当に変わらず、元気で爽やかであり、
キラキラした笑顔で迎えてくださいました





ちび姫、
また…会えるといいね
あなたのあの何とも言えない顔が見たいわ
[2018/11/18 06:43 ] | ちび姫のこと☆ | コメント(0) | トラックバック(0)
泣いちゃったよ、泣けちゃったよ
姫の勇姿をそれぞれの場所にて、
それぞれの目線で見ていた我が家





母、
しっかり一番前を陣取り、
ステージ前にて、姫の写真を撮りながらも、
セリフが言えた直後には、感極まって手が震えた





涙がね、、、







ビデオカメラ担当のお父さん、
観覧席真ん中あたりで、仲間のお父さんとも話しながら、
しっかりビデオを撮っていて、
姫の勇姿をレンズ越しに






『びっくりした
良い意味で、予想を裏切ったらしく、
うまい、やるじゃんの連発だった







床に座る態勢がツライからと、
ステージ後方の椅子にて観覧したばあちゃんに、寄り添ったちび姫
ばあちゃんとちび姫は、実は2年生から学校祭を見に来ていて、
舞台発表は初体験の2人





ばあちゃん、
『もう、感動して涙が出てきて、、、姫ちゃん、堂々としっかりセリフ言って、
太鼓もバッチリで、嬉しくてびっくりした
もう、本当に感動して
と言いながらまた泣きそうに






ちび姫、
『おねえちゃん、たいこうまっ
せりふ、ちび姫ちゃんにもきこえたよ~すっごくじょうずだった





ちび姫は、
ばあちゃんに、舞台発表している間から姫のことをほめにほめて、
大興奮だったらしい







姫、
あなたは、みんなに感動を与えたわよ
感動を与えた人に見事になって、成長とさらなる期待を見せたわね







撮ったビデオを見たじいちゃん、
『姫はすごいなぁ、リズム感バッチリに、本当に身体ごとのって、
楽しそうだ







よかったね、
よかったね、







だからこそ、
いつも思っていることだけれど、
先生方には感謝、感謝でいっぱいで、
本当にありがとうございましたの気持ち






姫は、今までの担任の先生が異動されてしまったけれど、
今日はわざわざ見にきてくださって、
そんな先生方からも、上手かったね、すごかったね、感動、感激しましたってそのままの言葉をいただきました






宝物だね






2年後の舞台発表、
どうなるんだろ…
ワクワクしちゃうよ
改めて、
姫、お疲れさま
ゆっくり休んでね
[2018/11/17 22:26 ] | わが家の風景☆ | コメント(0) | トラックバック(0)
感無量。
姫の学校祭
1年生以来の舞台での発表による劇で、姫は見事に役をやりきりました




事前に聞いていたけれど、
セリフ、演奏、踊り…






セリフは録音もあるかもと当初は聞いていたが、
先生から、毎回しっかり言えるようになり、気持ちがこもっていて言いますとのこと
本番前の学校内の舞台発表会でもしっかり言えたので、期待は大きかった






期待通りです






わたしは◯◯◯
~がとくいだよ






言えた、言えた
聞こえた、聞こえた







そして、
胸がいっぱいに





そのあと、
大好きな音楽にのり、
リズムバッチリの太鼓演奏
身体でしっかりリズムをとり、
休むところ、早く打つところ、、、
完ぺきだったよ






かっこよかった






わたしが勝手につけたダンス隊長こと、エンディングの踊り、
何度も、何度も家で姿が映せる場所で自主練していたかいがあって、
登場はセンターから、伸び伸びやっていたね






可愛かった







全て親バカ、親目線、
でも、毎年、学校祭ごとに見せる姫の姿は、
やはり、成長を感じずにはいられない






久々の舞台発表に、
たくさんの人の前に、
いつも通りに出来るのかって不安がなかったわけではなく、
でも、どこか姫は大丈夫だなって思っていて、、、





期待を裏切りませんでした






マイクパフォーマンス中の姫、
堂々と言えたね
今は、字を書くことも、読むことにも興味を持ちつつある姫だから、
母、まだまだ期待しちゃうよ






頑張ったね
お疲れさま






そして、
今年もありがとう
[2018/11/17 22:05 ] | 姫の支援学校日誌☆4年 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>